こんにちは、おそのです。

 

草木染めをしたり、Tシャツに絵を描いたりして

染め物を楽しんでいる友人にステンシルを

手ほどきしてもらったことがあります。

 

その日に直ぐ仕上げられるのがいいですね(^^)

 

その時のアクリル絵の具を使って

着付けの練習用になった訪問着の小さな染み隠し!

 

カモフラ〜〜〜ジュ〜!!!

IMG_7872

できてます?

初めてにしては良い出来で大満足(´∀`)

 

まさに、ドキドキ♪〜わくわく♪〜体験でした!

 

着物に使われている模様のひとつをペーパーに写しとり

色付けの部分を切り抜いて型紙にします。

 

シミの部分がかくれる大きさの模様を選ぶこと。

 

アクリル絵の具が滲まないように慎重に。

そこが、一番大事なポイントでした。

 

焦って一気にはだめだめです。

 

アクリル絵の具の分量はごくごく少なく

重ねるように叩き込むように。

 

ふぅ〜。

ドライヤーで乾かして完成〜(^_^

 

 

この柄を写しました(^^)

IMG_7875

 

訪問着に素人が手を加えるなんて・・・?

私にとって、これも着物を身近に感じて

楽しむアイデアのひとつです♡

IMG_7870

 

*最後までおつき合いありがとうございました*

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>