こんにちは、おそのです♪

きものを着る機会のある方は、

けっこう使うこともあると思われる風呂敷

持っていますか?

使う時はどんな時でしょう?

 

きものを着ない方でも愛用している方もいらっしゃいますよね!

タンスに持っているのも楽しいもので、実は使いきれないほどの数あります(^_^;)

 

この季節になると・・なんとな包みたくなる可愛いいお気に入りです!!

IMG_6789

 

単行本が2冊包まれていて、ハンドバッグみたいに持ち手で下げられます。

こんな包み方が必要かしら?

必要ないですけれど、包たくなります〜!

 

きっと折り紙をしたくなるのと同じかもしれませんね(^^)〜

 

〜包んでみましょう〜

①幅70センチぐらいの風呂敷に本2冊の厚み分の間を空けて真ん中に置きます。

IMG_6780

 

②風呂敷の角を本に折込んでこんな形にします。

IMG_6782

 

③左右の角をそれぞれきっちりクロスします。

IMG_6784

 

④片方の本をもう片方へ重ねます。

IMG_6786

 

風呂敷の両角をしっかりと引いてクルクルとねじって

ひも状にしてから本結び(かた結び)で完成!

緩みをつくらないようにきっちり包んで結ぶのがポイントです。

IMG_6787

 

 

この包み方、実は本以外のものを包んでみてもおもしろいので

ぜひ、秋の夜長〜本包で遊んでください。

何包んでみます?

 

 

今日包んだ本は、

・美しいきもの姿のために 村林益子著

・きもの自在 鶴見和子著

 

昔の本ですが、今これからきものを着ようと思っている方が読んでも

興味深いお話しだと思います。

大先輩のきものへの愛情が、いろいろ沢山詰まっています!

 

風呂敷持参で図書館で本を借りて包んでみてくださ〜い(^_-)-☆

 

*今日も最後までおつきあいありがとうございました*

 

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>