こんにちは、おそのです。

風呂敷好きですが、久しぶりに風呂敷って役に立つな〜と実感!

お気に入りのこの風呂敷包みの中には、紋付袴一式とお振り袖が入ってます。

 
箱に入れてしまったらとても私が抱えて電車で移動は無理な大きさです。

畳紙に入れて風呂敷に包んだそれぞれをまた風呂敷に包み、さらにこの生地の厚い風呂敷で包んで運びましてた。

スーツケースも考えましたがその置き場所がなかったので考えた末この形に。

昔は柳行李を大風呂敷に包んで肩に背負って荷物を運んだんですものね〜。

さすが今回は背負わないで抱き抱えるように運びましたが意外と持ちやすかった。

使い終わって畳めばペタンコなただの布、風呂敷。
近頃、本気でモノを運ぶことに使ったことあります?

IMG_7492.JPG

IMG_7493.JPG

最後までお付き合いありがとうございました。それでは、また〜!

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>