こんにちは♪

帯結びの要となる帯締めですが、

締める時の手応えが好きなのは冠組です。

帯締めのタイプは、布地で綿をくるんで紐状にしている丸くげと

糸を組み上げて作る組紐の丸打ち、平打ちに大きくわけられますよね。

最近、着付けの仕事の時に

丸くげが正式なのよね〜?

とお祖母様からたずねられることが何度かありました。

冠婚葬祭の席だから正式にしたいという思いからなのでしよう。

確かに遡れば明治時代の廃刀令前までは、丸くげしが無かった時代があるのです。

刀の使用に必要であった組紐の技術が帯締めとして

使われるようになったという説を知って納得。

丸くげの方が先輩で格上ですか…

昔の着物生活を知っている方はそう思われるのかもしれませんね。

そうお母様から話された記憶が残っているのかもしれませんね。

昔の丸くげは長さが短いものが多く

今の帯締めのような形に纏められないことが多かったり、

糸が弱っていてほつれてしまうなどの

弱点があって扱いにヒヤヒヤしてしまいます。

2種お持ちの場合は丸くげでない方を使わせていただきます。

今の時代、組紐もお色次第では立派に正式なものに

なっていますのでご心配は無用ですもの(^^)

*今日もありがとうございました*

20131018-234631.jpg

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>