着付けの仕事へ 向かう車中

親子連れの賑やかな声があちこちから。

紙袋に入ったお土産が見えます。

おばあちゃんのことを話しているようです。
帰省されるんですね~

 

敬老の日。。。

私の祖父母は他界していますが、いつか、、

お婆ちゃまに和服を着て頂くボランティアをしたいな~とおもっています

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>