20120511-095547.jpg

*今年84歳になられる新井満子さんの作品展より*

短冊や色紙に絵を描くように季節の花々をつまみの技法で描かれています。その中から母の日も近いのでカーネーション。素材がシルクならでは・・・薄くて繊細な発色が優しく品のある姿に。その手による細かい緻密な作業がもたらす美しさは、新井さんの心そのものなのでしょうね。川越散策で偶然出会い立ち寄りました。いつまでもお元気で・・・素敵な作品を作り続けてほしいです。

 

 

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>