こんにちは、おそのです。

 

ご縁があって、数年前に譲り受けましたメンズアロハシャツです♪

私のイメージだったそうで、ん〜身長165ですから私いけるかも〜と。

赤目のうさぎが波と戯れている、ザ和柄。

IMG_5822

シルク100%の質感が写真では上手く写りませんでしたが、

光沢があってしっとりとした感触はお気に入り。

 

夏というよりも、ちょうどこの季節に薄い羽織ものと一緒に

合わせて着たくなるシャツのひとつです♡

 

「長襦袢の反物で作ったの?」

とよく聞かれます。

 

アロハシャツの生い立ちから考えると正しい推測ともいえますね〜(^^)

でもコチラはハワイのお土産なんですよ♪

ズバリ古典文様アロハですね。

じつは〜このブランド「HINA HINA」はビンテージスタイルに拘った国産アロハ!!

ハワイと日本のアロハにまつわるストーリーは面白いです。

 

 

先日、大正時代創業の着物の型友禅染の工場が

型染め友禅が生き残る道としてアロハシャツに掛けている

という記事を見つけました。

 

亀田富染工場さんです。

「一日職人体験」などもできるようです♪

京友禅アロハシャツ・カットソーの店 Pagong~パゴン~
京都亀田富染工場

*今日も最後までおつきあいありがとうございました。それではまた〜*

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>