こんにちは、おそのです。

すっかりお馴染みになった和食レストランで個室の掘りごたつ席。

お好きですか?

 

好きも嫌いもなく、助かりますよね〜。

だって足がしびれないですもの。

 

あれを考えた人は凄い!

と初めて遭遇した時に思ったのですが

なんてことはない、昔の家庭に普通にあった光景を

外食の環境に持ち込んだということですね。

 

掘りごたつの持つイメージは家族団らん、くつろいだ雰囲気。

 

でも、レストランのそれはちょっと違うかしら。

 

どちらかと言えば、バリアフリー席なのです、きっと。

 

膝に悩みを抱えている方にもやさしい席ですし。

 

畳みに馴染みのない生活で正座ができない方にとっても

お食事タイムが天国と地獄の差ほどうれしいのでは?

 

そして、冷え性の方には足元がほっこり温かくて気持ちいい♡

 

はい、そうなんですけれど実は、、、

畳のお部屋では、正座していたほうが落ち着くおそのです。

日本人のDNAが濃すぎる体質?

 

そういえば、小学生6年生のときに担任の先生から

「古風な女の子」と言われた記憶が、、、

 

当時すでに古風なのだからしかたないかも。

 

さすがに、テーブルの椅子に正座するのは

お家だけ(^_^;)

 

*今日も最後までおつきあいありがとうございました。それではまた〜*

IMG_7103

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

黒石直子

ご縁をいただき、東京大田区を中心に出張着付け師として活動中

古いものを活用して気軽な着物を楽しみながら、南久が原の自宅一階で ”喫茶室きもぷら・着付けレッスン・ミニイベント・ワークショップなどを開いて交流を愉しんでいます。

<厚労省認可一級着付け技能士>