着ものアレコレ

あれ!なんでいつものようにできないの?

夏こそ甘酒おすすめよ !

とお世話になっている鍼灸の先生からお話しを聞いて

江戸時代の暑気払い、甘酒を早速飲もうと考えているおそのです。

 

知ってましたか?

近ごろ甘酒専門店もできているとか。

 

そう、TV番組でもタレントさんが浴衣姿で

甘酒かき氷を食べてました!

 

 

酒という文字で敬遠していたというか

美味しいと思ったことが今まで無いんです。

 

でも、その効果は点滴並なんですって。

美肌、美髪、疲労回復とあれば試してみたくなります〜(^_-)-☆

 

アルコールも糖分も心配ない、

麹からできた甘酒を選ぶといいそうです。

 

甘酒の豆乳割りが更にアンチエイジング効果アップとか!?

先ずは、美味しい甘酒探さなくっちゃ!

 

 

IMG_9910.JPG

さてさて・・・帯のことでした〜(・_・;)

 

先日は、作り帯を頼りにしていた友人が

二重太鼓できちゃった!

というようなお話しを確かしたような気がします。

 

で、それとは逆に出来るはずの名古屋帯が

いざお出かけ!という日に出来なくて

困ってしまうこともあるんです。

 

写真の帯は夏帯ではないのですが

うっす〜くてかる〜い

付けていてホント楽ちんな帯です。

 

夏帯は芯も入っていなくて

通気性の良い織りのものは、涼し〜い。

 

芯がなくても張りがある素材だと

お太鼓の形づけも意外とスムーズにできてしまいます。

 

もしも、一目惚れで気に入って買った帯が

上手く締められなかったら?

 

帯に張りがないだけでも悪戦苦闘してしまうこともあるんです。

 

そうなんです。

慌ててしまって、ドンドン時間が過ぎてしまい

もっと慌ててしまうのね。

 

帯の余分が長すぎても、ややこしくなってくる。

 

あ、あ、あ、・・・大汗です。

 

そんな経験ありませんか?

 

結び方の手順を覚えている。

先ず、それは大事。

でも、それだけじゃなくて帯がスムーズに動いてくれる

ちょっとした指使いができると慌てないですむんです。

 

いつもより仮紐を増やしてもいい。

肘から指先までぜ~んぶ役立てて

どんな素材でも慌てない帯結びができるようになったら

帯選びで躊躇しなくていいし、

お気に入りの帯で颯爽とお出かけできますよね。

 

勿体無いと思わずに

何回もその帯で練習してみることも大事。

 

でも、ひとりで練習が心細かったら

どーぞきものかふぇへ〜〜(^^♪

 

最後までおつき合いありがとうございます。

今日に感謝して♡

The following two tabs change content below.

黒石直子

着物初めてさんの駆け込み寺、”きものぷらねっと”の黒石直子です。普段に着られる着物が大好き♡大田区を中心に着物出張着付け、着付け教室、着物に親しんでもらう時間“きものかふぇ”をOpenしています。いつか着物を着てみたい♪ あなたの夢を叶えます☆
   

LINE@でもきもの、着付けについて、お問い合わせ受け付けてます!お気軽にご相談ください。

PCの方は下記QRコードを読み込んでください。


スマホの方は下記ボタンを押して、友だち追加をしてください。

友だち追加

-着ものアレコレ