ハンドメイド

今年もなんとか完成!さっそく着てみました夏着物

 

大田区、中山和裁さん主催の「浴衣を縫う会」

全8回が先日終了しました。

昨夏にも参加して2回目でしたが

新しい気づきがたくさんありました。

 

浴衣仕立てではあっても、自分が着ている着物に対する

目線が変わりますね。

上手に縫える縫えないだけではなくて

仕立ててくれる方の手間や大変なところ、

見えない部分を感じることができたような気がするんです。

 

初めてだった去年は無我夢中でしたから。

 

このまま続けてもう一枚、もう一枚と縫っていけば

マスターできるかも!!

 

と勢いづいたものの、我に返って冷静に。。。

 

わたしは着る人、和裁士さんに委ねます(^^)

 

 

毎回、遅れての参加でしたが

中山先生の熱いご指導のおかげで

今年も何とか、仕立てあげることができました。

嬉しいです\(^o^)/

今年は参加しても縫えないのではないかと不安いっぱいで

申し込みギリギリまで躊躇していたのです。

 

また来年も参加したくなる、至れり尽くせりのこの会に大感謝です。

 

しかも完成度が高い!って自分でびっくりするほど!

 

 

師匠のチェックが厳しいですから、いい加減では許されません。

「もう大体でいいんです〜」と思ってもダメダメ。

「そこはキチンと決めておかないと、」となります。

そうはいっても、初心者ができる範囲で・・・ね。

 

 

今年の近江上布は、薄くて縫い針の運びは楽ちんなんですが・・・

わたしの目には、織り模様がまるでインベーダーの行列のように見えてしまって

印と縫い目がチカチカして良く見えない苦労がありました。

 

目にやさしい反物は、下手な縫い目が目立ってしまうし

悩ましいところですよ。

結局初心者には、大きな柄に目がとまる浴衣が一番いいのかもと理解しました。

なるほどね〜〜。

 

 

仕上がりの翌日には、さっそく着て1日過ごしました。

やっぱりいいわ〜〜〜!

IMG_2639

 

&nbs

黒子になっておりますが、、、

自分の手縫いは格別ですね。

縫い直し、

血も流し(針を刺して)

火傷もして(コテに手を当てて)

あきらめないで最後まで。

お尻を叩いて教えてくださった先生の愛情もたっぷりですから ♡

 

一年に、一枚縫う、マイ着物(注:ほんとは浴衣でなくてはいけませんの)。

 

あなたも一枚いかがですか〜〜〜〜♪

 

最後までおつきあいありがとうございます。ではまた〜

 

The following two tabs change content below.

黒石直子

着物初めてさんの駆け込み寺、”きものぷらねっと”の黒石直子です。普段に着られる着物好き♡大田区を中心に着物出張着付け/着付け教室/着物に親しんでもらう時間“きものかふぇ”をOpenしています。いつか着物を着てみたい♪ あなたの夢を叶えます☆
   

LINE@でもきもの、着付けについて、お問い合わせ受け付けてます!お気軽にご相談ください。

PCの方は下記QRコードを読み込んでください。


スマホの方は下記ボタンを押して、友だち追加をしてください。

友だち追加

-ハンドメイド